くつろぎの家を注文住宅で作るなら、トイレは重要なポイントです。機能的でありおしゃれなデザインとするなら、1つにはトイレの棚テーブルを設置することがおすすめです。

棚テーブルは壁際に作りつけるもので、数段の収納棚と棚板を兼ね備えているものです。位置としては便座の右側か左側が一般的ですが、スペースが取れないというなら便座の背後にしてみたりもできます。

またスペースがない場合には、テーブル幅を狭くすることで対応可能です。例えば極端に言えばテーブル幅が5cmくらいであっても、あるのとないのでは大違いです。

またドアに棚を付けるというアイデアもあります。これはスペースの有効利用方法になり、手に持っている物を置くだけというならこれでも十分な感じがします。その場合は開閉した時に、邪魔にならないサイズやデザインを検討する必要があります。

棚に収納するものは、トイレに必須なペーパーや殺菌スプレーなどはもちろんですが、その他の物を置くこともできます。例えばイミテーションの観葉植物を置くとおしゃれに引き立てますし、マンガ本などを収納しておいてトイレの時間を有意義にすることもできます。

テーブルの上は手に持っていたものを置いたり、トイレの作業台としても使えるようになります。例えばトイレットペーパーの交換作業をするにも、トイレ掃除を行う時にもこのテーブルが役立つでしょう。

テーブルの素材としては木の板を使うことが主流ですが、光を通すアクリルを採用したり、透明な強化ガラスを設置することもできます。トイレの壁紙やデザインに合わせたものを選んでみてください。

下部の棚の部分については、開閉扉を付ける案、扉を付けない案、または両方の特徴を備えたものにすることも良いです。棚の段数は3段程度が主流ですが、2段にしたり4段にしたり、そのへんはお好みで決められます。高さ調整ができる棚にすると、置くものにフィットできるので便利です。

注文住宅で作るトイレをぐっと機能的にするアイデアは、何か浮かんで来たでしょうか。