私の経験上注文住宅でおすすめのトイレは、TOTOがおすすめです。

なぜなら、TOTOは、お値段こそ高いんですが、ユニットが独立していて、かつ自分で交換することが可能であるためです。

万が一、便座のヒーター機能が壊れてしまって別のものに交換しないといけないという自体に陥っても、自分で交換できるのでお勧めです。
しかもTOTOは、ホームセンターでトイレのユニット部品自体が販売されていますので、ネットで取り寄せてから修理をするということをしません。
そのため、即座にその日のうちに修理することができます。

注文住宅の場合、初めから設置したトイレが壊れているという事はありませんが、万が一ユニットのちょっとした部品が壊れた場合、例えばトイレの便座と便器を止めている留め金などが壊れた場合、有名なTOTOの商品はホームセンターに行けば、簡単に入手でき、お近くにあるTOTOの商品を扱っている商店でも、部品を入手できますのでお勧めです。

なお、TOTOの便器は別のメーカーの便座も、実は取り付けることが可能です。

ヒーター付きの正規のTOTOの便座が壊れても、別の安価なヒーター付きの便座を取り付ければ、再度便器側を利用可能なのでいわば一生ものだといえます。

なお、TOTOは一応便器側は、長期間保証するというスタンスなのですが、便座側のヒーターなどは家電という扱いになるらしく、長期間の保証は実はできません。
つまり、8年程度を過ぎた商品の場合、すでにある在庫が枯渇したら修理できなくなるというスタンスになるので、便座だけを新しい商品に変更してもらうというスタンスで対応しています。
ただ、便座を新しいものに交換すれば、旧来の便器が利用可能なので、必ずしも、便座が新しいものになったからと言って、TOTOのトイレの性能が悪くなるということではないのです。

注文住宅に限らず、部品の交換や部品の入手を考えた場合、修理部品であふれているTOTOの便器を購入するのが自分でトイレを修理するにしろ業者さんに任せるにしろ、いつでも修理できるのでおすすめです。

そんな理由から、注文住宅のトイレは、万が一の故障を考えてもTOTOがおすすめなのです。