トイレットペーパー、掃除用具、生理用品、消臭剤など、トイレには意外と小物が多くあります。これらを収納する場所が必要です。雑然と床に置いてしまっては不衛生だし、トイレに物があふれて落ち着くことができません。

これから注文住宅を建てるなら、トイレ収納について考えてみましょう。収納があるとすっきり片付けることができますが、設置の仕方次第では利用が不便に感じてしまいます。

トイレの広さがあるようなら、トイレと壁の間の空間を収納スペースとして利用できます。一般的には壁のそばに便座が設置されますが、収納スペースを設ける場合は壁と便座の間にやや空間を作ります。そして、収納スペースを作れば壁一面を利用できるため、多くのものをしまうことができます。たくさん収納したい人におすすめです。

しかし、収納棚の高さが高くなるほど窓が小さくなってしまったり、窓を設置できなくなってしまう点には注意が必要です。

トイレのコーナーに設置できる収納棚もあります。トイレのコーナーなら収納棚があっても邪魔になりません。また、便座左右のどちらかに収納棚を設置すれば、便座に座ったままトイレットペーパーを取り出せて便利です。

収納棚を壁に埋め込むことも可能です。壁に埋め込んでしまえば圧迫感がありません。

トイレにカウンターがあるなら、その下部を収納スペースにすれば有効活用できます。扉をつければ収納しているものを隠すことができます。カウンター下に扉付きの収納スペースを作るなら、開き戸では便座にぶつかってしまうことがあるので、扉は引き戸がおすすめです。

トイレは毎日使う場所です。毎日使うからこそ、快適な空間に整えておきたいものです。ものがあふれているトイレでは落ち着くことができませんが、すっきり片付いていればほっとできる空間になることでしょう。

注文住宅だからこそトイレ収納を自由にアレンジできます。使いやすく落ち着けるトイレを作ってみてください。