トイレは臭いがこもりやすい場所です。トイレに入ったら「うっ」と顔をしかめたくなった経験があるのではないでしょうか。

せっかく注文住宅を建てるなら、快適に使用できるトイレを作りたいですよね。そこで、注文住宅で取り入れられるトイレの臭い対策を紹介します。

トイレの機能は日々進化をしていて、臭い対策できるトイレが登場しています。便器自身が臭いを回収して、臭いを残さないようにしてくれるのです。自動的に行ってくれるため、自分で消臭・脱臭対策をする必要がなく、次に使う人が快適に使用できるように整えられます。

トイレの消臭剤のニオイが苦手な人もいると思いますが、トイレの消臭・脱臭機能は他の香りで嫌な臭いをごまかすものではないので、消臭剤が苦手な人でも使いやすいです。

トイレの臭いの原因の一つが菌です。尿や便に含まれる成分を菌が分解をすると、不快な臭いが発生をします。臭い対策のためには、菌対策も必要になります。

TOTOのトイレには「きれい除菌水」という機能がついています。きれい除菌水とは、水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分のことです。除菌をして汚れの付着を防ぐための機能ですが、菌の繁殖を抑えることで臭い対策もできそうです。

リクシルのトイレには「鉢内除菌」という機能がついています。プラズマクラスターイオン水を便器内のすみずみにまで吹きかけて徹底除菌をし、臭い対策もしてくれます。

壁紙にこだわることでも臭いを抑えることが可能です。

消臭タイプの壁紙は、臭い成分を吸着してトイレ内に臭いがこもることを予防します。壁紙によっては臭い成分を分解してくれます。

トイレの機能だけでは便座から発生する臭いしか対策ができません。しかし、壁には尿が飛び散って、そこから臭いが発生をします。トイレの機能だけでなく壁紙も使って対策をすると、臭い対策効果が高まることが期待できます。

いろいろな機能を備えたものが登場しているので、注文住宅に取り入れてみませんか。